【ピアノ買取】口コミと評判 | ピアノ売るなら無料で一括査定・比較

ピアノを売るなら一括で無料の買取査定・比較サイト | 口コミ・評判と相場を紹介しています

よくある質問

買い取ってもらえるピアノの種類は?

買取ってもらえるピアノの種類は?
国内ピアノの代表的なメーカーは、本格的なグランドピアノを作っているヤマハを始めとして、カワイやローランドがあります。

主要なメーカーであれば、対象の種類と状態の良さを確認することで、買取が実現する可能性が高まります。

ピアノ買取で具体的に、取扱って貰える種類としては、グランドピアノとアップライトピアノ、そして電子ピアノやエレクトーンなどがあります。

今回は買い取ってもらえる中古ピアノを種類について紹介していきます。

【おすすめ! ピアノ買取専門40年の信頼と実績で高価買取】
ピアノ高価買取 かんたん無料見積もり【ピアノパワーセンター】


買い取ってもらえるピアノの種類

買い取ってもらえる種類は限られていますが、自分で判断せずにまずは見積査定をしてみるのが一番です。

自分では値段がつかないと思っているピアノでも、業者からしたら高値で買いたいピアノかもしれません。

見積サイトの入力フォームにメーカーや機種名、製造番号、ペダルの本数などの簡単な情報を入力するだけ、約1分で無料の見積もり依頼ができます。

ピアノ買取40年 かんたん無料見積もり【ピアノパワーセンター公式サイト】

グランドピアノ

グランドピアノは、ピアノの代表格であり王様で、全ての機能が備わったタイプです。鍵盤が象牙と黒檀であったり、開閉式の扉を装備していますし、ペダルが複数ついていて存在感があります。

もちろん、グランドピアノにもグレードがあるので、製品によっては鍵盤の素材が違ったり、ペダルが一部省略されている種類も存在します。

グランドピアノの開発、製造が得意な国内主要メーカーは、ヤマハとカワイ、ローランドの三社が代表的です。

特にヤマハであれば、高値の買取が実現することが多いです。

ピアノ高価買取 かんたん無料見積もり【ピアノパワーセンター】

アップライトピアノ

アップライトピアノは、グランドピアノの機能縮小、簡易バージョンといったところで、省スペースな点が人気の理由になります。

一般的にアップライトピアノは、効果で本格的なタイプに比べると、音の美しさの再現性が若干下がると評価されています。しかし、日本の住宅事情であったり、アップライトピアノに対する人気によって、設計と開発が盛んに続けられてきました。

その結果、アップライトピアノでも、音が良くて省スペース性を併せ持った、魅力的な製品が次々と登場しています。アップライトピアノも本格的なピアノと認められ、高級素材を用いた鍵盤や、高級感のある艶出し塗装仕上げが施され始めました。

今もピアノの代名詞はグランドピアノですが、アップライトの地位も着実に上昇しているといえますので、アップライトももちろん買い取ってもらえます。

電子ピアノ

電子ピアノは、電気的に音を仕組みを内包しているので、省スペースの利点が一段と高まっています。ローランドやヤマハが有名ですが、特に狭い住居の日本では需要があります。

また、音量調節機能を備えていたり、ヘッドホン出力を装備している製品であれば、大きな音を出すことが難しい場所や夜間も練習出来るようになります。音を出す仕組みが違うので、微妙な鍵盤のタッチであったり、音楽表現のニュアンスは本格的な作りに劣ります。

注意点として、電子ピアノは電気で動くので、内部基板に劣化や腐食が発生していると、買取価格に影響することがあります。保管場所や湿度の管理は、楽器に共通するポイントですが、電子ピアノにも当てはまるので、清潔かつ落ち着いた環境で保管することが重要です。

エレクトーン

エレクトーンは他の種類とは違い、鍵盤楽器の共通点はあるものの、新しい概念を持ち発展を遂げた楽器と表現出来ます。エレクトーンの名称は、ヤマハが登録して使っている名前で、カワイやローランドは電子オルガンと呼んでいます。

つまり、エレクトーンは厳密に考えると、ヤマハだけが使える名称であり、電子的なオルガンの種類になります。カワイやローランドの電子オルガンでも、エレクトーンと呼ばれることはありますが、これは商標名が代名詞になった一例です。

楽器としてのエレクトーンは、上下二段の鍵盤が特徴的で、電子ピアノと同じくペダル類も装備されています。一方では、演奏中のピッチの変更や、シンセサイザー的な側面が強化されているので、様々な楽器の音が出せる点に特徴があります。

エレクトーンはいまだに根強い人気がありますので、高値で買い取ってもらえることもあります。

ピアノ高価買取 かんたん無料見積もり【ピアノパワーセンター】

まとめ

全楽器で、買取時に関連するポイントとしては、良い状態を保ったまま査定に出すことです。従来の鍵盤楽器であれば、多少の音の狂いは調律で直せますし、内部をメンテナンスすることで本来の性能が取り戻せます。

電子楽器タイプは、調律や定期的なメンテナンスは不要ですが、長く使い続けられていたり、長期間仕舞われたままだと故障のリスクは高まります。外観の傷や変色は、多少なら中古の範疇で収まりますが、大きく劣化していると買取自体が難しくなります。

基本的には、問題なく音が出たり、致命的な損傷や破損がなければ、ピアノに類するどの楽器も買取が実現しますので気軽に見積査定をしてみることです!

ピアノ高価買取 かんたん無料見積もり【ピアノパワーセンター】

▼関連記事▼
【おすすめ】ピアノ専門40年で高価買取 ピアノパワーセンターの無料見積とは
ピアノ買取は一括見積り査定が無料でメリットがあります

-よくある質問