【ピアノ買取】口コミと評判 | ピアノ売るなら無料で一括査定・比較

ピアノを売るなら一括で無料の買取査定・比較サイト | 口コミ・評判と相場を紹介しています

ピアノ買取について

ピアノを売るまでの流れ

2016/06/08

ピアノを売るまでの流れ

ピアノを売るまでの流れ

私が子供の頃に母から譲り受けたアップライトピアノ。

いつか自分の子供も弾くようになるかもしれない・・・となかなか手放す決心ができなかったんです。

でもおそらく最後の子供になるであろう下の子も男の子だった為、うちには女の子がいないし、「もうピアノは必要ないかな」とやっと決心することが出来ました。

決心してまずした事は、「いくらになるのか」のリサーチです。やっぱり少しでも高く売りたいですからね。

ネットの一括査定に申し込みをして、すぐに返事があるわけではないので、その返事を待つ間に地元の楽器店などにも電話で問い合わせてみました。

傷み具合にもよりますが、ピアノの型番やメーカー、年数などを伝えるだけで大体の金額を教えてくれます。

そこでわかった事でしたが、我が家のピアノは35年前の物だったらしいので、ほとんどお金にならないという事でした。

近所の楽器店では逆にこちらがお金を払わないといけないとまで言われました。

結局我が家の場合、10社くらい話をして1万円で買い取ってもらえる所があったので、そこに決めましたがまだまだ使えるピアノなのに、安すぎる査定は悲しい現実でした。

ネット展開している大手の方が、遠い所から引き取りに来てくれるのに高値を付けてくれるといった感じでした。

引き取り先が決まればあとは日程を決めて、プロに運び出してもらうだけで、その時に代金も頂けました。こちらは特にする事もないので安心して任せられました。

ピアノ高価買取 かんたん無料見積もり【ピアノパワーセンター】

事前に楽器の相場を調べよう!

また、ネットなどを利用して楽器の相場を調べておきましょう。

買い取り査定のために修理をしたり手をかけるのは、引き取り額が多少上がっても修理代が赤字にならないか見極めてからにしましょう。

付属品が揃っていると、丁寧に扱ってきた、きちんとメンテナンスしてきているという印象を持ってもらえます。

ピアノの買い取りを希望する場合に気をつけなくてはいけないのは、査定業者の出張料です。

金額が合わずに売らない場合でも査定手数料や出張料を取る業者がいるようです。

見積もり依頼の連絡をするときに、相場より高い金額を提示してくれるかということと、商談がまとまらない場合には手数料がかからないということを確認しておきましょう。

このあたりをうやむやにしたまま査定に臨むと、嫌な思いをすることになります。
ピアノをみてもらうのに、家に上がってもらうことになりますから、そこで話がスムーズに進めば良いですが、確認不足で払いたくない料金を請求されて居座られてしまうと困りますよね。

電話での査定額が少し良かったからといって安易に出張査定を申し込むのはトラブルの元ですから、確認しておきましょう。

また、自分に非がない料金請求を迫られるなどトラブルになった場合には、消費者センターなど公的な機関に相談することをおすすめします。

こうした公的機関に弱いのは、悪質な業者の特徴です。
実際の査定を依頼するまでに、どんな業者なのか情報を集めて、信頼できるのかを見極めておきたいですね。

ピアノ高価買取 かんたん無料見積もり【ピアノパワーセンター】


-ピアノ買取について